スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

やっばいなぁ

こんにちは、ゆとりがない汁粉です。
まずいまずい…。
このままでは、まるでバイオハザードの「かゆ・・・うま・・・」みたいなブログになっていくかもしれません。

病気という意味では同じですがw
まぁ、流行りのメンタルヘルスというやつですね。

それを踏まえた上で、続きを読む以下は、メンヘルと関わりたくない人&下手に心配したくない人は見ない方がいいかも。
平常心を取り戻すための掃き溜めになっています。
掃き溜め故、結構長いです。
自分で読み直してみた感想。何この痛い人。
そんな内容。

でも、見ない人のために一応伝えておきます。
鬱病の人への正しい接し方は知っておいて損はないと思います。
間違った接し方すると悪化するだけだよ!

一般的な間違えた接し方
1.鬱病は元気がなくなる
2.じゃあ、元気を出させればいい ←この時点で鬱病を正しく知っていない。
3.遊びに誘ったり、「元気出せよ!」とか言って励ます

2まではまだ大丈夫。
3を実行してしまうと、鬱病の人にとっては逆効果です。
2の何が間違いなのかって?
鬱病は元気がなくなるというのは、ある意味間違いじゃないです。
勘違いして欲しくないのは、元気を出す元気すら残っていない状態ってことです。
ガス欠寸前状態。カラ元気も難しい。
そんな状態でも、鬱病になっている人は誘いに応えようとすることが多いです。
だって、そういう人がなりやすいんですから。

元気が出せない。
周りの人は私のために一生懸命楽しそうにしてる。
でも、元気付けようとする周囲に応えられない。
応えられない自分に責任を感じる。
さらに追い込まれる。

この悪循環だけは、絶対に避けてください。
鬱病の人も、難しいとは思いますが、誘いを断ってください。
そして、休息を取ってください。
鬱病の人の気晴らしは、静かにすること。
誰かが一緒にいてくれるだけで気晴らしにもなります。
ちょっとした軽いお喋りもいい気晴らしになります。

でも一番難しいのは…鬱病だと見極めること。
かかっている人も、その周囲も難しいと思います。
だって、ガス欠寸前でも尚、明るく振舞おうとするんですから。

ちなみに、疲れてるときに過剰なストレスを受ければ、誰でも鬱病になる可能性があることをお忘れなく。
一番良いのは、疲れる前に休むこと!
そして、趣味を増やしてストレスを溜めないこと!

ここまで書いといてアレなんですが、他人の見極め方なんて私も知りません。
向こうから言ってこない限り、私は気付けないです。
ただ、本人ですら何気なく言う症例などでピンと来ることはあります。
その場合は、軽い(?)質問をして、鬱病の気がないか調べます。
まぁ、私は専門家じゃないので、あくまで気があるかだけしか分かりません。

一部の人は知ってるけど、私は小さい頃に鬱病になったことがあります。
まぁ、これは完治したはず。
今年4月にも、パニック障害のショック症状に陥りました。
その時はパニック障害なんて知らなくて、いつ倒れても助けが来るようネカフェに逃げ込んで、自分がどんな状態なのか調べてました。
あの時にある人が「どうしたのー?」とメッセで言って来てくれたのが幸いでした。
マジで助かりました。
ショック症状による喩えようもない寂しさと恐怖感で、死にそうな感じがしていたんです。
その人が正しい対処をしてくれたおかげで、落ち着きを取り戻せました。
まぁ、その人の存在自体が、正しい対処法の塊みたいなものですがw
今では、ショック症状は殆ど起きてません。
起きたとしても、前兆が自分で分かるので、症状を軽く抑えることも出来てます。

しかし、問題はここから。
また鬱病になりかけてるかもしれません。
自分で「この職業はメンヘルになる可能性が高い」とか言っておきながら、自分がなるとは。。。
しかし、この自分が言った言葉も無意識のメッセージだったのかもしれません。
時若干遅しですが。
今は、鬱病の兆候が少し見られる程度。
ストレス、時間に追われている、そして疲労気味と発症する要素は十分過ぎます。
しかも、鬱病で起きることの多い、後頭部の頭痛もしています。
とりあえず2週間ほど様子見。まだそれくらいの余裕はあります。
現時点で心配はしなくてOKです。してくれると嬉しいですがw
2週間経ってもダメなら、会社ほったらかして病院行ってきます。
いや、欠勤届は出しますよw
論理的な思考ができる今なら、どう考えても「仕事<命」です。

しかし、私も図太くなったもんです…。こんな記事書いてるんですもの。
しかし…書いているときが落ち着く…。
まずいなぁ…。
ただの「構ってチャン」状態であることを切に望みます。

mixiでパニック障害について書いた時みたいに「お騒がせしました」と言えるといいなぁ。
現在はmixi放置中ですがw
再開予定はなっしんぐ。

あ、もし、読者の中で一度でもショック症状っぽいのが起きたら病院レッツゴーですよ?
症状としては、
・喩えがたい寂しさ
・死んでしまいそうな恐怖感
・謎の焦燥感
ですかね。
まぁ、発症したら死ぬかと思ってしまいますが、死ぬことはないので安心してください。
私は、寂しさのあまり公衆の面前で泣きました。
携帯電話を持っていたら、正しい対処が出来そうな人に電話したりメールしたりするのがいいでしょう。
私はかなり勇気が要りますがw

スポンサーサイト

2006/10/26 00:51 | 刻名日記Comment(0)Trackback(0)  Top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。