スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

冷蔵庫

ボス は 汁粉 に言った:終電まで暇だからどこか連れてけ。

菌様が引っ越して比較的近所になったので、土曜日に拉致して飲み食いしに行きました。

とりあえず早稲田のらっきょでスープカレー。
菌様:焼きチーズと厚切りベーコン
ボス:牡蠣と愛別まいたけ
しる:何かとはるさめのキムチスープカレー鍋
何かはわすれました。

スープカレー鍋はキムチ鍋でした。
隠し味にカレーを入れてる感じ。
辛さ2で頼んだけど、キムチ補正を忘れていて予想以上に辛かった…。
しばらくらっきょ行ってなかったけど、再燃しそうです。


らっきょ後は新宿のFrigoへ。
神楽坂の地ビールカフェとで悩んだけど、160種類のインポートビール<s>とボスの頭に浮かぶ160個のハテナマーク</s>を見たくてFrigoにしました。
まぁそんなにあっても、飲めてせいぜい2パイントくらいですが!

私が飲んだもの
・アボットエール
・バルバール ウィンターボック
・ギネス ドラフト

アボットエールは1パイント。
ヨーロピアンカフェなだけあって、UKパイントでした。
どんなもんかと注文してみたら、多過ぎました。
500ml缶より多いし当たり前か…。
味は、まったりとした口当たりに柔らかい甘さと香りでした。
量もさることながら、中々飲み応えがありました。

バルバールのウィンターボックは瓶で、ベルギーらしく専用グラス付き。
凄く甘い香りで、一口含んだ感想が『わたあめ』でした。
結構値が張ったけど、ちびちびと楽しむタイプのビールでかなり長持ちしました。

最後は樽生のギネス。
ギネスは缶しか飲んだことがなかったので楽しみにしてたけど、それほど違いがわかりませんでした。
酔ってたせいなのか、はたまた缶の再現率が高いのか…。
今度はアイリッシュパブで飲んでみたいです。

ちなみに、ボスはグリュークリークとかいう珍しいビールを手にしてました。
グリュー:温めたお酒
クリーク:さくらんぼの一種
つまりホットビール。
他にもシナモンやらなにやらも入ってて、まるでホットワインでした。


しかし、会計はキティやアラウンドにしたほうがよかったかな…。
みんな飲むペースがばらばらだけどw

スポンサーサイト

2009/02/24 20:46 | from携帯Comment(0)Trackback(0)  Top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。