スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

LUMIX DMC-LX3すげえええ

パナソニックからLUMIX DMC-LX3という『こだわり派向け』のコンパクトデジカメが出るようです。
スペック表を見ただけで、鳥肌が立ってくるくらい凄いです。
その分、高そうだけどね・・・。6万くらいしそう。

製品ページ
http://panasonic.jp/dc/lx3/index.html

以下、個人的に気になったところ。いわゆる見どころ?

・従来より撮像素子を大きくし、更に画素数を減らした
→高感度での画質が向上。ダイナミックレンジ(表現できる明暗の限界)の拡大。
 ISO400でもノイズが気にならないくらい。
 ちなみに、画素数減らしたと言っても1000万画素くらいあります。
 個人的にはもっとガッツリ減らして、500万画素とかにして欲しかったです。

・24-60mm F2.0
→ズームはかなり広角寄り。
 望遠には弱そうだけど、そんなに気にするほどでもなさそう。
 いざとなれば、劣化なしのデジタルズームもあります。
 それよりなにより、解放F値が2.0とかなり明るいのが素晴らしい。
 コンパクトデジカメのクセに、かなりボケを作れそうです。
 レンズ前1cmから可能らしいマクロ撮影でF2.0を使うと凄いことになりそうだw

・フルマニュアル撮影可能
→露出やピントなどを自分で決めて撮影できます。

・RAW撮影対応
→レタッチなどをする『こだわり派』には欠かせないRAW撮影も可能。
 現像ソフトとしてSILKYPIX Developer Studio 3.0 SEが付属されます。

・ライカDC VARIO-SUMMICRONレンズ搭載
→高級レンズメーカーで有名な『ライカ』の代表作である『ズミクロン』が搭載されています。
 しかも、レンズ構成が「これでもか!」と言わんばかりに手が込んでます。
 非球面レンズ4枚使用・・・。徹底的に画質を上げたい意気込みが伝わってきます。
 ちなみに、手ブレ補正はレンズ内補正っぽいです。

・色々な撮影モード
→ピンホールモードやら、フィルムモードやら・・・。
 遊び甲斐のありそうなモードがいっぱい。
 撮影時に傾いてしまった写真を補正する『傾き補正機能』もあるとかなんとか

・豊富なオプション
→本革製のケースが使い勝手良さそうです。
 ケースの上部を開けるだけで撮影可能な状態に。
 個人的にレンズキャップなのが残念だけど、見た目は悪くないです。
 紛失防止策も同梱されるらしいし。

操作性に関しては、実際に触らないとなんとも言えないです。
でも、色々な配慮がしてあって悪くなさそう。
マクロモードとかをスイッチで切り替えれるのは使いやすいと思う。

一眼レフのサブが欲しい人や、オート任せのコンパクトデジカメに飽きてきた人とかのステップアップにオススメできそうです。

スポンサーサイト

2008/07/29 02:30 | でぢかめComment(0)Trackback(0)  Top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。