スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

Roman1巻

ヤンジャンじゃなくてウルジャンでした。
そんな雑誌あったんかい。

表紙はヴィオレッタ。
ヴィオレッタ

そして裏表紙にはオルタンシア・・・ではなかった。
色々なキャラクターが描いてありました。

しかし、「原曲:Sound Horizon」って表記の仕方が面白い。
普通は「原作」とかなのに、物語重視の曲というのを強調してるのだろうか。

罠っぽいと予想していた内容に関しては・・・

「良く分かってらっしゃる」と思った。
じまんぐのあのセリフが書いてあるとは思いもしなかった。
だけど、「分かってらっしゃる」ってことは、原曲知らない人には「?」なんだろうなぁ。
展開早すぎね?とか私でも思ったし。

一番良かったのは『星屑の革紐』。
アルバムでもそうだったけど、涙腺崩壊。

ただ、『朝と夜の物語』と『焔』は微妙だったな・・・。
微妙なのが最初に二回くると、ギブアップする人多そうだ。
※焔は朝夜と同じ回でした。なので正確には一回でした。

私の解釈とは全然違うのが多くて、とても面白かった。
私と違って良く考えてるなぁと。

ちなみに、次巻は秋だそうだ。
予告ページにアレがあったので楽しみ。

スポンサーサイト

2008/04/19 16:51 | 刻名日記Comment(0)Trackback(0)  Top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。